無料コンテンツ

資格を超える

第3の選択を選んだあなたへ。

フリーコンサルタントに興味を持っているあなたは、おそらく今後の士業の戦略について、何かしらのかたちで、私の話を聞いているはずです。高難度業務取り扱い実務家、標準業務拡大型、そしてフリーコンサルタント。今後、士業が飛躍し続けるためには、この3つの戦略しかありえないと、至るところで主張してきました。

その中で、第3のフリーコンサルタントになるという選択肢が、実はもっとも難易度が高いといえます。高難度業務の取り扱いも、文字通り高難度ではありますが、法律なので一定の答えが存在します。裁判例もあれば、学説もある。そういう世界です。

ところが、このフリーコンサルタントの世界で起きる問題には、答えがありません。例えばコンサルタントの仕事には、売上を伸ばすとか、組織を活性化させるとか、様々な案件があるわけですが、答えが決っているわけでも、答えがひとつしかないわけでもないのです。

つまり、もっとも「正解」が見つけにくい仕事であり、法律家の仕事とは対極にあるといえます。ということは、察しの良い人であれば、もう気づいているでしょう。

フリーコンサルタントになることは、難しいことである。
ということではありません。

フリーコンサルタントになることができれば、同業他社と大きな差別化になる、ということです。あとは、非常に簡単な話です。フリーコンサルタントになるための手順がわかれば良いのですから。
そして、その道程は実にシンプルです。

1.コンサルティング技術を磨くこと
2.経営コンサルタントとしての稼ぐ技術を身につけること

基本的にはこの2つが重要なポイントになります。
フリーコンサルタントに興味がある場合は、LClabというサイトで各種の無料コンテンツを提供しておりますので、そちらをご覧ください。

LClabのサイトを見る

関連記事

  1. 高難度業務取り扱い実務家という選択肢

  2. 開業直前!士業のための営業ツール7つの重要ポイント

  3. 補助金、融資、入管、産廃…2017年、どの業務が当たる?

  4. 知識があるのに、結果が出ない理由。

  5. 高難度契約書事例:この契約書にある「ミス」に気が付けますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP