誰もが不安を抱える今の世の中。
でも、
こんなときに役に立たない士業なんて、
もう不要だと思う。

横須賀輝尚です。
状況が状況なので、あらゆるものを省略します。

 

簡単にいえば、この緊急事態を打開すべく、私が動きますってことです。

 

例によって、サービスの案内も含みます。そういうのが嫌いな⼈は、もはやこのページにたどり着いてすらいないと思いますが、念のため。そして、同じく例によって読むだけで1円も使わなくても役に⽴つように仕上げてます。それもできるだけコンパクトに。

 

では、いってみましょう。

新型コロナウイルスは、終わらない。

新型コロナウイルスが確認されてから約2ヶ⽉。⼈々が想像していた事態より被害は甚⼤です。これは、私が⾃分の⼈脈や情報筋から⼿に⼊れた情報を総合的に勘案して出した結論です。おそらく、新型コロナウイルス騒動の終焉は、それほど近い未来にないと考えています。

 

ロジックは簡単なのですが、国内でもそのうちワクチンは開発されるでしょう。ですから、マスク不⾜や感染なども、いずれ収束するはずです。ところが、それがいつなのかは当然確約されておらず、3⽉、4⽉とこの影響を受けて倒産する企業が必ず出ます。3⽉は観光業と飲⾷業に影響が。そしてその影響を他業種が受けます。そして、国内のコロナ騒動が終わ ったところで、中国が復活しなければ、深い経済関係にある日本の不況も戻ることはありえません。

 

3月9日。ついに日経平均株価は2万円を割り、世界同時株安となりました。

 

…と、ここまで書いて、わかっている⼈はわかっていると思います。
でも、ここまで読んで、わかってなければ私がお伝えしましょう。

 

もう、これはリーマン・ショック級の不景気を考えておかなければならない事態なの。「マスクなくて⼤変ですねわはは」みたいな危機感のない⼈は、まあその⼈がそれで幸せならもう勝⼿にどうぞという感じですけど、これが士業ならもう黙っていることはできない。

 

いま、日本全体もあなたの地域社会も、緊急事態なんです。
こんなとき、役に立てなくて何が「士業」だ、何が「国家資格」だ、顧問だと言うわけ。

 

普段から顧問料もらっているんでしょう。
業務報酬もらっているんでしょう。

 

いまこそ、あなたの⼒で貢献するときです。
それができなきゃ、もう⼠業はやめた⽅がいい。
普段ならこんな厳しいこと、⾔いませんよ。

 

でも、いまは状況が違う。
クライアントは潰れようとしている。もちろん、逆に儲かっている企業もあるけれど、単純に直接影響を受ける旅⾏業、観光業、飲⾷業やイベント関連会社は⾔うまでもなく、これまでやってこなかったテレワークで多額の投資を必要として、不要な出費に嘆く企業だっている。

 

こんなとき、あなたが動かなくてどうするんですか。
あなたは⼠業でしょう。

 

こんなときこそ、頼れる存在であるべきです。
それが⼠業ってものでしょう。参謀ってものでしょう。

 

では、どうすればいいのかといえば、一言でいえばやはり「お金」なんです。

いま、必要なものは「お金」。

⾦の亡者理論なんて前世代の議論はしませんから、そういう⼈も置いていきますね。こうした緊急事態に企業が求めているもので、⼠業が貢献できるのは「お⾦」に関わる業務や情報提供です。言い換えれば、「融資」、「助成金」、「補助金」の3つ。

 

「私は専⾨外なので…」という⼈は、今回ばかりはくどいようですけど、もう⼠業をやめてください。そういう⼈がいるのは業界にとっても迷惑です。確かに業務を取り扱うかどうか。これは事務所の⽅針があるため、違いが出ます。しかし、「情報を提供するか、しないか」に選択肢はないのです。

 

これらのお金にまつわる業務を取り扱うか。

あるいはそのお金にまつわる情報を提供するか。

 

この2つの選択肢しかないのです。情報を集めるのが⾯倒だとかそもそもそういう性根の⼈は、いい機会ですから、⼠業をおやめください。私は真⾯⽬な⼈が好きです。昔のヒーロ ーものの主⼈公って、普段はヘラヘラして頼りない。でも窮地になれば、強く頼りがいがある。

 

私がこれだけ「⼠業をやめろ」と⾔ったことはこれまでないはずです。
そのくらいの緊急事態であり、いまこそ⼠業として貢献するときが来た。
それを⾔いたいだけなのです。

 

そして、いまあなたがそのヒーロー役をやらなくてどうするのってことです。

 

話を戻しましょう。
そして、整理しましょう。

 

今回の危機対応には2つの側⾯があります。

顧客の支援と事務所の防御。

まあ、やることはシンプルなのですが、いまクライアントに「お⾦」で貢献するというということは、クライアントを救うことになります。そして、これはあなたの事務所を守ることにもつながります。これも説明するまででもないと思うのですが、緊急時に何もしてくれない士業の存在重要性など、どこにもありません。

 

ですから、やるかやらないのかの選択肢はないのです。

「お金」で貢献する。業務を行うか、情報を提供する。

 

どちらをやるか(あるいは両⽅するか)、という選択肢のみです。

 

でなければ、あなたの事務所は⾒限られます。逆の⾔い⽅をすれば、絶⼤なる信頼をつかむチャンスでもあるのですが、こういうときなのであまりチャンスというべきでもないでし ょう。

 

とはいえ、この毎⽇情報が更新される状況で、いかに専⾨家であっても、対応と⾒通しには苦慮するでしょう。あるいは、「融資」「補助⾦」「助成⾦」の専⾨外の⼠業が情報を集めることさえ苦戦するのは⽬に⾒えています。

 

そこで、プロを3人呼びました。もう説明する必要はないと思いますが、融資に関しては⼩堺桂悦郎⽒。補助⾦に関しては広川元基⽒。そして助成⾦に関しては菰⽥泰隆。彼らへの現場インタビューを実施し、動画コンテンツとして配布することを決めました。期限は「コロナ騒動が落ち着くまで」。だから、場合によっては半年、1年以上の配信があるかもしれません。

 

要は、常にトッププロから「お⾦」に関する⾼度情報が送られてくると考えれば良いでしょう。そして、その内容は⾃由に使うことができます。まとめると、次のようなかたちです。

  • ⼩堺桂悦郎⽒(融資)、広川元基⽒(補助⾦)、菰⽥泰隆(助成⾦)へのインタビュー動画配信(YouTube 限定 URL 視聴)
  • 現在、下記を月内収録、即配信予定
    ・災害時の資金調達(小堺桂悦郎氏)
    ・災害時の補助金の考え方(広川元基氏)
    ・現在の助成金と令和2年の助成金予測(菰田泰隆)
  • 月に1度以上配信予定。
    1回の動画はできるだけコンパクトに1時間以内。回数よりも「本当にいま必要な情報を送る」ことを目的にし、場合によっては月数回の配信になるこも想定。
  • 配信期限は原則として、「コロナ騒動が落ち着くまで」または「情報が不要になるまで」。
  • 各回をまとめた簡易レポート(PPT)を作成&配布予定(使用自由)。

※コンテンツの使⽤は⾃由としますが、それによって起きた損害に対しては⼀切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

どうでしょう。
これだけのプロによる情報提供があれば、あなたはよりクライアントに貢献できるし、信頼を得ることができる。ぜひ、あなたの⼿によってクライアントを救ってください。

 

さて、肝⼼な話です。
このサービスを受けられる条件です。


それは、LEGALBACKS と LEGALMAGIC のダブル会員であることが条件です。
ですから、すでにダブル会員の⽅は、ただ待てばいいだけ。


でも、⾔ったでしょう。横須賀が動くって。いまの具体的なダブル会員の特典は次のとおりです。

ダブル入会極限特典①
横須賀輝尚による個別Skype相談(20分)

メルマガでも書きましたが、個別コンサルティングを再開しようと考えてまして、会社としてはもう1時間30万円くらいもらわないと成立しないくらいの時間価値になっていて、すでに30万円でサイトもつくっているのですが、今回は状況が状況なので、私がSkype相談を直接お受けします。後述しますが、入会時に1回無料。その後は会員でいる間は、1回5000円(税抜)でSkype相談が可能になります。

 

事前に相談シートにご記入いただき、その上で通話相談をご利用ください。まあ、いまの私なら20分もあれば、だいたい解決させますから。問題解決のために、決して短いと言われたことはありません。

ダブル入会極限特典②
横須賀輝尚によるあなたの「絶対領域」の検討とプロデュース(動画回答)

絶対領域ってなあに?という人もだいぶ赤信号ではあるのですが、絶対領域については下記にまとめてありますので、下記PDFをご覧ください。
私があなたの今後の高度専門性についてコンセプトと方向性を考えます。アドバイスではありません。私が考えます。そして、絶対領域に関連して、マーケティング上も必要なのがプロフィール。これも私がつくります。今後の士業マーケティングについては下記にまとめてありますので、必ずご覧ください。

ダブル入会極限特典③
横須賀輝尚によるあなたのプロフィール執筆(テキスト納品)。

アナログ営業用にショートバージョンをひとつ。そして、ネットで使用するための400字程度のものをひとつ。本来は有償(10万円以上)で受けるサービスですが、ダブル入会を決意してくれた人のために、私もその覚悟に応じます。
※元プロフィールがある場合には、まずは添削となります

 

そして、マーケティングに必要なLP。これに関しても大サービスの特典があります。

ダブル入会極限特典④
横須賀輝尚によるあなたのランディングページの原稿の項目作成(※1つ)。

さすがに全部の原稿を書くわけにはいきません。それは不可能です。ただ、項目だけであれば、私がつくることは可能ですいわゆるランディングページの中の見出し案(業界的にはサブヘッドコピーと呼ばれるものです)を私が書き、その構成案に沿って、あなたが執筆する。そこまではダブル入会会員全員に付けます

 

その後、執筆まで手が回らなければ、別途有償サービスとして原稿執筆代行(36万円税抜・希望回数による支払い可能)を依頼してもらっても良いですし、添削は何度でもLEGALBACKSのサービスとして依頼することができます。

 

身を切るって言ったでしょう?

私はいつでもあなたが成功するために真剣です。

 

正直、ここまで書いてやりすぎだと十分わかっているのですが、さらにもうひとつ。あなたに必要なものを加えます。

ダブル入会極限特典⑤
教材:すべての業務を高額報酬に変える商談の技術(定価:50000円 税抜)

通常の問い合わせを、高額報酬に変える技術を解説した講座を収録した教材。過去、1回しか実施されておらず、これを受講した士業は軒並み業務の高額化に成功しています。

そして、希望があれば、継続してSkypeにて通話相談を受け付けることも可能です。

現在、LEGALBACKSでは、Skype相談と少人数相談会を復活させています。

LEGALBACKS・復刻&新リリースサービス

①個別Skype相談
(1回20分 最大延長30分まで)

横須賀輝尚と高金大輝が個別に通話相談に乗るSkypeコンサルティング。それぞれ、1ヶ月に8コマ用意します。高金への相談は会費内。横須賀輝尚への相談は、1回5,000円(税別)になります。

②少人数相談会の実施

3ヶ月に1度、少人数相談会を実施します(新宿区四谷)。高金大輝がファシリテイトする会と横須賀輝尚がファシリテイトする会があり、どちらも会費内で参加が可能です。高金回、横須賀回それぞれ年に4回、合計8回開催)。

※加えて新規入会の場合は、経営診断希望者に対し、診断シート記入後に横須賀輝尚との個別Skype相談(20分)を優先的に受けることが可能です。

すでにご存知だと思いますが、⼀応各サービスの概要をまとめておきますね。より詳しい内容は、それぞれのウェブサイトをご参照ください。

LEGALBACKS サービスのまとめ

  • 経営診断:横須賀輝尚による経営診断(音声)
  • Google広告設定代行:Google広告の初期設定を回数無制限代行します
  • 名刺・事務所案内作成:名刺・事務所案内を初回無料で制作します
  • 販促物相談・添削:チラシや原稿など、何度でもコンサルタントが添削します
  • 経営相談:横須賀輝尚を含む、コンサルタントによる回数無制限の経営相談
  • 月間ニュースレター「DONO」:高金大輝、横須賀輝尚の未公開原稿を毎月配送
  • 横須賀輝尚限定メールマガジン:横須賀輝尚書き下ろしの原稿を配信(毎週水曜日)
  • メールマガジン「GeniusOne」:法改正情報等、法律実務家にとって必要な情報を配信
  • GeniusSearch:400時間超のセミナー動画等が見放題
  • クライアント案件の経営相談:横須賀輝尚が、あなたのクライアント案件の相談に回答
  • 顧問表記:パワーコンテンツジャパン株式会社/横須賀輝尚の顧問表記が可能
  • 少人数相談会:横須賀輝尚、高金大輝が回答するテーマフリーで行う少人数の相談会。
  • Skype個別相談:横須賀輝尚、高金大輝が回答するSkypeを通じた個別相談。1回20分。

Skype 相談(横須賀輝尚)のみ、⼀部有料となりますが、ほかはすべて会費内で可能です。
※その他の有料オプションはこちらをご覧ください。

LEGALMAGIC のサービスのまとめ

1.高難度業務研究会オープニングセミナー(約5時間)
テーマは「高難度業務取り扱い実務家になって、高額報酬を実現する方法」。高難度業務の定義とその取り扱い方法、業務報酬を高額化するための手法を解説した約5時間の講義です(講師:菰田泰隆弁護士、横須賀輝尚)

 

2.菰田弁護士への法律相談、横須賀への提案相談(ともに回数無制限)
あなたの案件について、菰田弁護士に個別相談が可能です。同時に私横須賀輝尚にも商談、提案についての相談が可能になります。

 

3.月刊「高難度業務」音声ダウンロード/ニュースレター配送
毎月、ひとつのテーマに沿って菰田弁護士の解説音声及びニュースレターの配送をいたします。


4.弁護士事務所、行政書士事務所の顧問表記
弁護士法人菰田総合法律事務所、WORKtheMAGICON行政書士法人の顧問表記が可能になります。


5.全国士業の人力検索
士業の全国ネットワークを通じて、あなたが必要な士業を替わりに研究会で探すことができます。


6.案件のご紹介
私たちの手にあふれる案件をご紹介することがあります(絶対にご紹介するという保証はございません)。

募集は締め切りました。
お申し込みいただき誠にありがとうございました。

月額のコンサルティング費用は24999円になりますが…

LEGALBACKS15000円。LEGALMAGIC9999円。⽉額のコンサルティング費⽤は、24999円になります。


この24999円という⽉額投資をあなたがどう考えるかは⾃由です。
でも、これだけのことを私がするというのも、もうないでしょう。しばらくはこのダブル⼊会会員の対応で忙殺されるでしょうし、次に⼊会を受け付けられることはいつになるのか、経営者の私ですら、検討もつきません。


ただ、あなたが得たい未来は明るいものでしょう?
24999円という月額投資でそれが実現するなら、これを高いと言っている人に未来はないと思います。


そして、コロナ騒動で多くの企業や個⼈が恐怖に慄くいまこそ、本物の⼠業であるあなたの⼒が必要なのです。

ここが、士業にとっての分水嶺です。

分⽔嶺とは、ものごとの分かれ⽬のことです。これまで繰り返し繰り返し、今後の⼠業の世界について、メルマガをはじめ様々な媒体でお伝えしてきました。
もし、あなたがここで決意をしないのであれば、その決意はいつになるのでしょう。 多くの企業があなたの⼒を必要としています。
そして、私たちはそのあなたを全⼒で⽀援します。 この国難に、ともに⽴ち向かいましょう。

追伸:未来は僕らの手の中

最後にもうひとつだけ。LEGALBACKSでは、すでに士業マーケティングを網羅しています。GeniusSearchという宝のようなコンテンツがありますからね。もうノウハウは十分でしょう。

 

追わなければならない情報は、最新のリスティング広告・ネットマーケティングと組織論。そして、士業の未来予測です。これらのコンテンツは、毎月継続してコンテンツとしてお送りしていきますので、ご期待ください。

 

同業他社が、時代にゆっくりと置いていかれる間に、あなたは数年先の輝かしい未来を手に入れる。このコンテンツは絶対にシェアしてはいけません。

2020年4月以降の情報配信スケジュール

*LEGALBACKS定期動画配信テーマ(1ヶ月に1度、30〜60分の動画配信)

  • 4月  未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域のつくり方(横須賀輝尚)
  • 5月  最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説(高金大輝)
  • 6月  成功事例(会員)インタビュー(LEGALBACKS会員に実践例を取材)
  • 7月  儲けを生み出すための人工知能・クラウドサービスとの関わり方(横須賀輝尚)
  • 8月  最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説(高金大輝)
  • 9月  成功事例(会員)インタビュー(LEGALBACKS会員に実践例を取材)
  • 10月 未来につながるコンサルティング・スキルの磨き方(横須賀輝尚)
  • 11月 最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説(高金大輝)
  • 12月 成功事例(会員)インタビュー(LEGALBACKS会員に実践例を取材)

※より良いコンテンツ制作のため、予告なく内容を変更することがあります

*会員限定ニュースレター「DONO」掲載予定記事

 

4月:
・2030年、地方都市に起こることと求められる業務(横須賀輝尚)
・広告運用を自社運用する場合と外注する場合の見極め(高金大輝)

 

5月:
・事業承継、M&Aはこう変わっていく(横須賀輝尚)
・リスティング広告に競合がいる場合の対処方法(高金大輝)

 

6月:
・未来の相続に起こること(横須賀輝尚)
・リスティング運用を長期戦略で考えることの有効性(高金大輝)

 

7月:
・テクノロジーに強い士業が必ず生き残る(横須賀輝尚)
・コンバージョン測定から見るデータ分析(高金大輝)

 

8月:
・未来の稼ぎ方と士業のビジネスチャンス(横須賀輝尚)
・リスティング広告を撤退する場合の見極めとタイミング(高金大輝)

 

9月:
・企業経営の変化についていける士業になる(横須賀輝尚)
・LPのチェックポイントと改修案の考え方(高金大輝)

 

10月:
・定年消滅、早期リストラ時代の労務管理(横須賀輝尚)
・広告文の効果測定と継続・撤退の判断(高金大輝)

 

11月:
・AI時代に士業が身につけるべき「見えないスキル」(横須賀輝尚)
・キーワード選択の効果測定と継続・撤退の阪大(高金大輝)

 

12月:
・2020年総括と2030年の士業ビジネスの世界(横須賀輝尚)
・2020年リスティング広告の総括と今後の展望(高金大輝)

 

※ニュースレターは、厳選された記事を通常の書籍1章分ほどのボリュームほどの凝縮し、読みやすい量でお届けしています。

※これらの記事のほか、ベストビジネス書(推薦図書)解説、法律ニューストピック、横須賀輝尚のメールマガジン(1ヶ月分)を掲載しています。

※4月以降のテーマは、決まり次第ウェブサイト等でお知らせいたします。

*LEGALMAGIC定期音声配信テーマ(1ヶ月に1度、30〜60分の音声配信)


Theme:Academic

  • 4月  高難度「民法 債権」
  • 5月  高難度「民法 親族法」
  • 6月  高難度「民法 相続法」
  • 7月  高難度「民事訴訟法」
  • 8月  高難度「会社法 株式会社」
  • 9月  高難度「会社法 M&A・事業承継」
  • 10月 高難度「労働法」
  • 11月 高難度「行政法」
  • 12月 高難度「刑法・刑事訴訟法」

※これらに加えて、毎号横須賀輝尚による「絶対領域のつくり方」の連載(毎号)をスタートします。

  • *横須賀輝尚執筆 シリーズ「絶対領域のつくり方」
  • 4月  絶対領域を確固たるものにするデザイン論
  • 5月  絶対領域をつくるためのウェブサイト論
  • 6月  絶対領域をつくるためのSNS論
  • 7月  商業出版が必要な理由と実現させる方法
  • 8月  法律業務以外の絶対領域
  • 9月  高額報酬を実現するための商談・コミュニケーション論
  • 10月 絶対領域に必要な顧客啓蒙論
  • 11月 絶対領域を強固にするクライアントコミュニティ論
  • 12月 絶対領域をより絶対的にする参入障壁作成論

※より良いコンテンツ制作のため、予告なく内容を変更することがあります

追伸2:今回の募集は、3月31日までの募集です。

今回の特典が付くダブル入会の申し込み期限は、3月31日(火)までとします。この時期に即断即決できる人こそ、本物の士業だと考えていますので。例によって、私がカバーしきれないと判断したら、申込みは中止になりますので、ご賢察ください。

name_yokosuka_syomei2