INTERVIEW

LEGALBACKSを活用した会員の成果。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. Monetize Workout実践者の声

中上敏様
行政書士

Monetize Workout実践者の声

-Monetize Workoutは2019年の1月にサービスを告知いたしました。このサービスについて、どのような感想をお持ちになりましたか?
私の業務上、2月、3月は記帳代行で一番忙しい時期なんです。ですから、告知をいただいたときには余裕がなくて、なかなか具体的に受講しようという検討はすぐにはできませんでした。ただ、チャンスがあれば受けてみたいなとは思っていました。仕事が少し落ち着いてからじっくり読ませていただいたときには、「無料でそこまでしてもらえるんだ」と驚きましたね。
Monetize Workoutを受けようと思われたきっかけを教えてください。
きっかけとしては、経営分析をしていただいたことが大きいですね。自分の方向性を見るためにも、経営分析は1度受けておきたかったんです。今は開業して5年目ですが、開業当初に思っていた5年目と今自分が置かれている状況にずれがあって。生活できる売上は確保できていますが、だからこそなのか、これからステップアップしていこうという意識が弱くなってきていて「このままでは良くないな」という焦りがあったんです。そんなときだったので、自分としてはすごくいいタイミングで経営分析を受けられました。
経営分析を受けられてから、Monetize Workoutの受講を決意されたということですね。
経営分析の動画を送っていただいたことで、自分のやる気に火がつきました。中だるみに対する焦りもあったので、ここで本格的にMonetize Workoutを活用してみたいと思いました。
-中上先生をはじめ、Monetize Workoutにお申し込みいただいた方には現在の状況や課題などを詳細に書いていただくフォームをお送りしています。フォームに書いていただいた情報をもとに横須賀が中上先生宛に動画を撮影して送り、それに対して意見をいただくという形で進めていますが、動画についてはいかがですか?
音声だけよりも動画がある方が実際に会っている感覚になれるのでいいですね。1つの動画が短いのもありがたい。
-当初は、30分くらいのまとまった動画を撮ってお送りするという方向で考えていました。ですが、詳しく状況を伺わないと難しいということが分かったので、現在は5分くらいの動画を数本送るという方法になっています。
30分とかになると、まず動画を見るために本腰入れないといけないと構えてしまったり、しっかり時間をとらないといけなくなってしまうので、5分くらいの短い時間はありがたいです。
-ありがとうございます。Monetize Workoutではこちらから課題を設定して、それをChatworkを使ってタスク化しています。そして中上先生にそのタスクを消化してもらいながら進めていますが、タスクが入るというのはこれまでのLEGALBACKSではなかった取り組みです。このタスクについてはどのように感じられていますか?
タスクが入っていると「あっ」と思いますね(笑)。あ、することが決まってる、と。でもいま僕は中だるみ状態になっていると思っているので、タスクをもらって強制的に消化するというのが非常に助かっています。Monetize Workoutは短期集中で成果を出すというものですが、これは自分にはとても合っている気がしています。
-Monetize Workoutを受けたことで、変化はありましたか?また、いまどのような可能性を感じていらっしゃいますか?
大きな変化は、やる気が出てきたことかもしれません(笑)。いまは横須賀さんだけでなく、高金さんにもリスティング広告についてチェックしていただいている状況です。特化型サイトも「Genius(パワーコンテンツジャパン株式会社が販売しているWordPressのテーマ)」を使ってリニューアルする予定ですが、まだ1つしかリニューアルできていなくて。これからもっとサイトも増やしたいですし、最低でも月1回は「Genius」のテーマをリニューアルしていきたいと考えています。こういったやる気が出てきたのは、すごく大きな変化ですね。
タスクもそうですが、提供していただくコンテンツもかなりの量で、ちゃんと取り組もうと思うと結構大変です。そういったところも含めて、自分の中で何かが変わるという期待も感じています。
-ありがとうございました。これからも全力でサポートさせていただきますので、ぜひご期待ください。
中上敏(なかがみ・さとし)
1974年大阪府堺市に生まれ、堺市で育つ。
大学を卒業後、安治川鉄工株式会社(大阪証券取引所2部上場の鉄塔メーカー)で経理部に配属。 子会社である株式会社エー・ジー(ゲイラカイトやローラーシューズ販売)で経理を担当。その後、親会社である安治川鉄工株式会社の経理を担当。上場前であったIMV株式会社(精密機械メーカー)に縁あって転職。その後、士業の世界に興味を持ち、行政書士の資格を取得する。

15年以上の上場企業での経理や財務での経験を活かし、創業融資等の資金調達、予算と実績の分析や会計記帳を行い、中小企業の経理・総務をサポートする「お金専門の行政書士」として活動している。